やすたま。の徒然日記

2005年 02月 14日 ( 3 )

自転車をレストアした話

a0023943_2152161.jpg奥様に触発されて、思わずやすたまも眠っていたチャリをレストアしてしまいました。実はこのチャリ、やすたまが中学のときに買ってもらった20年選手。元は丸石自転車のBALBOAスポルティーフというツーリング用の自転車でした。数年前に会社の人と富山に行った時、飛行機に乗せるために輪走袋に入れたが最後、そのまんまずーっとベランダで6年くらい放置されていたシロモノ。(しかも、その姿で二回も引越ししてるし・・・)
はっきりいってボロボロだった。タイヤからは粉がふいてるし、あちこちサビだらけ。
でも丹念にサビを落として、タイヤとハンドルバーテープを換えて、ブレーキも交換し油も差してみると、なかなか捨てたものではない。
思い起こせばこれに乗って若い時は琵琶湖一周、瀬戸大橋開通直前の高速道路走行ツアーなどあちこちでかけたものです。
その後も古くなるにつれて、チョコチョコ、いろんなパーツを換えて今に至るわけ。自転車屋さんに言わせると、設計が古く交換用のパーツが手に入らないのでそろそろ買い換えては?との事。最近はロードも6万円台からあって、このチャリよりもはるかにいいのがいっぱい出回っている。
正直欲しい・・・でも、この自転車にも思い出がいっぱい詰まっててなかなか捨てがたい。もうこの自転車にこれ以上お金はかけようは無いけど、でも大切に乗っていこうと心に決めました。
だって、20年たっても現役って、ちょっと素敵でしょ?

[PR]
by yasutama0617 | 2005-02-14 21:53

白鳥を見に行った話

a0023943_20593573.jpg昨日は、子供二人を連れて近所の本埜村というところにある白鳥の郷にお出かけ。ママはというと、最近ハマっている自転車でお散歩中なので要は子守役という訳です。
どこに行こうか迷っていたところちょうどエリート情報(*)に前述の白鳥の郷の話が載っていたので、ブラリと行くことにする。
(*)エリート情報:チバラギ方面で発行されているミニコミ誌。このナイスなネームングはチバラギ方面のセンスを物語るが、地元情報は充実していてなかなか侮れない存在。
a0023943_214411.jpgこの白鳥の郷、約10年前にたまたま水を張っていたところ数羽が飛来して、それを近所の方々の努力で餌付けに成功、今では800羽弱がくるという名所になっているとの事。
写真で見る通り、なかなかの数であり壮観。しかも子供たちは大はしゃぎ!普段であれば興奮して大声を出すところであるが、
「白鳥さんがビックリするから静かにしてね」と言い聞かせたところおとなしく見ている。動物の効果は大きい。しかもよほど楽しかったのか、その後駐車場に戻るときも二人でたわむれながらキャッキャとはしゃぎいでいて、本当に楽しそう。最近、親の都合で買い物とかに無理やり付き合わせることが多かったのでちょっと反省。また、来週はどこかに連れて行ってあげなきゃと考えるやすたま。なのでした

[PR]
by yasutama0617 | 2005-02-14 21:12 | 親バカ やすたま

労災を申請した話

結局、治療費もかさんできたので、恥ずかしいのをこらえて労災申請することにしました。で、担当者に相談したところ、出てくる出てくる、書類の山!
病院に出すだけでも2枚ずつ、それをかかりつけのクリニック・薬局・日赤とそれぞれ。しかも一枚一枚、病名やらケガの原因やらといっぱい書くことがある。
そして会社に出す「受傷報告書」に、「状況報告書」。うむ、やっぱりタダでは治療費はもらえないということで、と納得しきり
ちなみに、やすたまの会社は現場がメインのため、仕事中のケガってのも時々発生する。そのためケガすると必ず再発防止の観点でその状況を克明に記したポスターみたいなのを作り、それが全社中に配られる仕組み・・・
今回のやすたまの場合、出張先からの帰宅途中のため、労基法上は「通勤途上」ではなく「業務上災害」だそうで、そのポスター発行基準にあてはまるそうな・・・
え?穴に落ちてケガしたって、書くわけ・・・・・・?想像するだけでヤです。
それで無くても、今日、運悪く「安全衛生委員会」ってのがあって、その場で早速報告されたらしい。もちろん、その後は一日中、工場中の笑いものになったのは言うまでもアリマセン。

[PR]
by yasutama0617 | 2005-02-14 20:43 | 怪我をした話



気づいたら秋ですね! 食欲の秋、美味しいお酒の秋(?) あれ…スポーツの秋はどこに行ったかな ちょっと運動不足気味。微妙にヤバぃです