やすたま。の徒然日記

2005年 06月 19日 ( 4 )

やすたまのベルギー日記(3)~ブリュッセルのグルメ事情~

a0023943_1444256.jpg実はブルッセルはグルメの街。フレンチに地元の食材を合わせた料理に加え、
中華・イタリアン・パエリア・トルコ料理などなんでもござれの状態でした。
もちろん、毎晩、楽しませてもらいましたたが、たっぷりのおなかの脂肪と
クレジット明細がお土産についてきたことは言うまでもありません・・・

イロ・サクレ地区の風景
ブリュッセル一のグルメ街。
狭い通りの両脇にレストランがひしめきあい、おまけに道にテーブルを出して
アウトドア?で食事を楽しめます。
(客引きもすごいですが・・・)

a0023943_144813.jpgメニューはこんな感じでほとんどフランス語・・・・
全く読めませんでしたが、大体の店には英語のメニューもあり
店員さんも英語でも説明してくれるので、ある程度英語が理解できれば
なんとかなります。
ちなみに、日本語メニューがあったり、怪しい日本語を話す店員が
いる店は×だそうで・・・(地球の歩き方談)

a0023943_1441624.jpg一日目は、このお店に行きました(名前は分かりません・・・)

a0023943_1525617.jpg
a0023943_1503455.jpg
ブリュッセル名物のMoules(musseles)=ムール貝を早速賞味することに。

とりあえずは事情が分からないので、薦められるままに15€のセットメニューに。
まずは前菜に左のお皿が(コロッケのようなもの+エビのサラダ)
メインがムール貝のワイン蒸し。
前菜も自然な味で日本人の口にもあうもので、
ムール貝は白ワインとニンニク、香菜などで煮込んであって、とっても美味でした。
スープはムール貝のダシがいっぱい出ていて濃厚な感じ。
ちょっとしつこかったけど、残ったスープもスプーンですくったり
パンにつけて、余すことなく頂きました。

ちなみにワインはハーフボトルで15€。何気に料理と同じくらい高かったデス。
でもよく考えたら、敢えてワインにしなくてもせっかくだからビールにすれば
よかったと後から後悔。

他にもやすたまが食べたものを簡単に紹介します。

◆ウサギのビール煮(二日目)
 二日目もイロ・サクレのレストランで。
 写真はありませんが(カメラの電池入れ忘れのため・・・)、これもおいしかったです
 ビールで煮込んだせいか、ほろ苦い感じがなかなかグットでした。
 このお店では、ビールが一杯サービスだった上に、サラダに入ってた金属片について
 クレームしたところ、ウェイターがもう一杯ビールをご馳走しおてくれたので、
 結局、二杯、無料で飲めることになり、大助かり。
 間違えて楽しんでしまったサラダ(別メニュー)とあわせて25€。
◆ケバブ?(三日目)
 a0023943_253958.jpga0023943_232649.jpg

ちょっと趣向を変えて、グラン・パレス裏の地元の人が通う、気軽なレストラン街に向かいました。
ここは車も通る道なので、道の真ん中までテーブルは出ていませんが、
それでもご覧の通り。
食べたのは、(結局、何料理かはっきりしませんが)、肉を鉄の棒にまきつけて
チリチリと電熱でやいて、それをナイフでそぎ取るやつ(確か、ケバブ??)
羊・牛肉のグリルの盛り合わせ。かけるソースもクリーミーなものから
辛いのまで6種類あって、なかなかGOOD!

店には「HALAL」と書いてあり、いわゆる、
イスラム教徒が食べる料理のようでした。
そういえば、この国には結構、アラブ系の人も多く見かけましたね。
ビールをつけても、12€。安い!(ちょっと濃かったけど。。。)

◆シーフード(四日目)
だんだんネタがなくなってきた。
本当は「シコン」と呼ばれる野菜のグラタンがおしいそうだったので
それを探したのだが、さっぱり見つからない・・・
観光客向けにはシーフードや肉料理の方が人気があるせいか??
結局、歩きつかれて適当なお店に入る。
ここでは、食前のワインがサービスなのでありがたく頂く。
a0023943_2123166.jpga0023943_213433.jpg

・前菜(左):イセエビのスープ
 なかなか濃厚な味でおいしかった
・メイン(右):白身魚のグリル(ポテトつき)
 これもそれなりにおいしかったのだが、既に何日もおいしいものを頂いたせいか
 感動に欠けた。 味も淡白すぎたせいかも?
 これなら、ムール貝に再トライしてもよかったかと、ちょっと後悔
(って、贅沢なのかな???)


[PR]
by yasutama0617 | 2005-06-19 02:08

やすたまのベルギー日記(2)~ブリュッセルの街角風景~

ホテルにチェックイン後、ダウンタウンにご飯を食べに行くことに。
まずは街の様子を見るため歩いて向かったところ、こんな風景に出会いました。
a0023943_1235483.jpg「Park du Bruxelles(ブリュッセル公園)」の噴水
a0023943_124349.jpg「Palais de la Maison」(国会議事堂)
ちなみに、既に19時頃。サマータイムのせいもあり、
夜は10時頃まで明るく観光を楽しめます(博物館等はCLOSEしてしまってますが)

でも、お店は19時頃にはほとんど閉まってしまうので買い物は少々不便!!
(観光客用の一部のお店と、「Night Shop」と呼ばれるコンビニのような店は、
遅くまで(それでも10時頃)まで開いていました)
a0023943_1241828.jpg
a0023943_1243478.jpgTRAM(路面電車)はこの街の重要な交通機関。
街のあちこちで走ってて、便利です!
(地下鉄もいいけど、街を見ながらだと、トラムの方が絶対いいです)

あと、このトラム、市内中心部では地下鉄と同じように
トンネルの中を走り「Pre Metro」と呼ばれています。
大きな駅の中に小さなトラム、ちょっと不思議な光景です
(ものの本によると、これを見るために鉄道マニアが来るとか来ないとか??)
a0023943_1251389.jpg
a0023943_1252547.jpg
「Grand Place」(グラン・パレス)と呼ばれる、市内中心の観光名所。
古い建物が一同に会し、壮観でした!
 左:Hotel de Ville:市庁舎、
 右:手前は画商。後ろは特に名前はないそうですが、
   一部はCAFEになってておいしいベルギービールが楽しめます

[PR]
by yasutama0617 | 2005-06-19 01:25

やすたまのベルギー日記(1)

6/13:一日目の予定

◆成田発ルフトハンザ711便にてフランクフルトへ
◆フランクフルトからブリュッセル行きのルフト便に乗り継ぎ、ホテルまで。。。

お決まりの機内食写真は無し(と、いうより食事中に寝てしまって撮れませんでした)
今回はラッキーでビジネスクラスでしたが(※実は生まれて初めて)、正直、食事の内容は、それなりにでした。もちろん、おいしかったけど、もっとスゴイものだと期待し過ぎだったかな?

椅子は背もたれ・座椅子・レッグレストが全てフル電動で動くシロモノ。操作スイッチだけでも一体いくつあるの??って感じです。今どきのビジネスクラスらしく、多少斜めではあるけど完全に平らになるモノで、かなり快適でした。
a0023943_0522454.jpga0023943_0532192.jpg

おきまりの機内映像です。

a0023943_052366.jpg

一応、出張に備えてお勉強なんかしてみたりして・・・・
(いかにもそれらしく見えるでしょ?)



a0023943_051497.jpg

眼下にはシベリアの大地が・・・見るからに寒そうです。


a0023943_052453.jpg

雑誌はいっぱいありましたが・・・ほとんどが英語とドイツ語でした




フランクフルトではわずか一時間弱の乗り継ぎ。なのに、ドイツ人気質なのか?入国審査のおじさんは、一人ひとり、本当に丁寧に検査をしていきます。前にいた、日本人の家族(おじいちゃん・おばあちゃん+娘さん)は英語を話せないのかしどろもどろ・・・どうみても悪いことなんかしそうにないのに、徹底的に(ルールに従って??)問い詰めるところは、さすがドイツ人。a0023943_0533317.jpg

ブリュッセルへは、CRJ700という小さい飛行機(70人乗り)で向かいます。

小さいけど、ジェット機。離陸するなり戦闘機のような勢いで(乗ったことはないけど・・・)ブリュッセルに向かいました。
(※入り口にある台車は「機内持ち込み規定を越した大きさの荷物はここに置くべし」
  うむ、、、やっぱり規則大好きなドイツ人であります)<hr>ブリュッセルでは荷物を受け取り入国となるが、既にフランクフルトにてEUに入っているためか手続きは無し。
そのまま、電車の駅から市内に向かいます。
地球の歩き方の通りに行けば問題なかったけど、何が困るって、表示が全て「フランス語+オランダ語」この言葉の問題は、実は帰国までずっと悩みの種になるのでした。
市内中央駅からは地下鉄でホテルまで。でもあまりにもおなかがすいていたので駅の売店でサンドイッチを買って食べる。(3.8€なり)うむ、おいしい!でも、実はそのとなりでは焼きたての「ベルギーワッフル」のいい香りが・・・・・1.5€。駅だからちょっと高いのかな?と思い今回は見送る(実はこれが普通の値段だった)
[PR]
by yasutama0617 | 2005-06-19 01:09

帰国しました

約22時間の長旅を経て、ようやく帰国しました。
途中、フランクフルトで遊んだせいもありますが長時間の旅ですっかり疲れました。
ちなみに、昨日は、何を隠そうやすたまの誕生日。これで四捨五入するとxx歳の大台突入です。
しかし、よりによって誕生日に旅行をすると、時差の関係で本当なら24時間ある誕生日が17時間に・・・・・・・。しおも移動中は一人なモンで誰にも祝ってもらえず(;_;)

と、ま、いじけておりますが、いろいろと楽しんでまいりました。
その様子はまた、後ほど。

では、明日は日曜朝練につき、今日はこのあたりで。
[PR]
by yasutama0617 | 2005-06-19 00:29



気づいたら秋ですね! 食欲の秋、美味しいお酒の秋(?) あれ…スポーツの秋はどこに行ったかな ちょっと運動不足気味。微妙にヤバぃです